アンチエイジング

高麗人参でEDを克服?

最近どうも調子が出ない、年を取ったのかもしれない、元気が続かない、という夜のお悩みについて心当たりはありませんか?
なかなか人に言いにくい悩みかもしれませんが、放置しておくと本格的なED(勃起障害)にも発展しかねない兆候です。
ひとたびEDを患ってしまうと、回復まで様々な困難があり、ご自身もパートナーの方も張り合いが無くなって、別れ話に発展してしまうケースもあるとか。
そうなってしまう前に、高麗人参をぜひ試してみて下さい。

そもそも、男性がベットの上で元気な状態を発揮するためには、日常生活のなかでストレスをため込まないこと、きちんと健康的な暮らしをしていることが大前提と言えるのですが、忙しい現代、これが一筋縄ではいきません。
勃起のためには、リラックス状態をつくる副交感神経が優位になっていることが条件といわれていますが、睡眠不足や過度な労働、過剰なストレスが続いていると、人の脳波スイッチのオンオフが上手にできなくなり、ずっと交感神経が優位に立ってしまうことになります。
こうなると、ベッドインしてもなかなか精神的に休まらず、いつまでも元気にならないのです。
昔から滋養強壮の生薬として用いられてきた高麗人参は、そんなストレス社会で戦う男性を救う効果を持っていると言われています。

その秘密はジンセノサイドという成分。
その中身を大きく分類すると、ジオール系と呼ばれる「休息のジンセノサイド」と、トリオール系と呼ばれる「活動のジンセノサイド」の2種類を含有しているのだそうです。
活動と休息、このように働きの異なる2つの成分を併せ持っていることが、高麗人参が精力増強に効くと言われている理由です。
休息の成分は勃起状態のために必要な精神のリラックスを促します、また、活動の成分はピンピン長続きをサポートするのです。
つまり、ED克服までの道のりも、後押ししてくれるのです。
最近ちょっと不安になってきたなという方、いつまでも若々しくありたい方にはぜひ、日頃から摂取して頂き、健やかな日々を営んでほしいと思います。